リリース情報

›› 6.x 用 公式日本語リソースキット第2版を公開
投稿者: Takafumi 投稿日時: 2008-03-25 (火) 19:55   | |

本日、Drupal 6.x 用 公式日本語リソースキット第2版を公開いたしました。
初版からの変更点は、共有サーバでの新規インストール向けの対策のみですので、既に初版でインストールを行った方は改めて入手する必要はありません。

›› 6.x 用 公式日本語リソースキット初版を公開
投稿者: Takafumi 投稿日時: 2008-03-24 (月) 02:07   | | |

本日、Drupal 6.x 用 公式日本語リソースキット初版を公開いたしました。
近日中に 5.x 版からの変更点の説明や、各種ドキュメントの整備を行う予定でおりますが、さしあたり以下のファイルのみの配布となりますのでご了承ください。
(インストール自体は難しくありませんので、同梱の readme.txt を参照してください)

›› 脆弱性を修正した Drupal 6.1 がリリース
投稿者: webmaster 投稿日時: 2008-02-28 (木) 16:58   | |

本日、セキュリティ上の脆弱性と、いくつかのバグを修正した Drupal 6.1 が公開されました。
中程度の脆弱性が存在するため、これ以前の 6.x バージョンを使用しているユーザは早急にアップグレードすることをお勧めいたします。

›› Drupal 6.0 正式版がリリース
投稿者: Takafumi 投稿日時: 2008-02-14 (木) 00:26   | |

本日、Drupal 6.0 正式版がリリースされました。
以下、Gabor Hojtsy 氏によるリリース発表(邦訳:Takafumi)です。

Drupal 6.0 リリース

開発から1年、私たちは世界に向けて Drupal 6.0 をリリースする準備が整いました。 Drupal コミュニティの精力的な作業のおかげで、1,600 を超える問題が Drupal 6.0 リリースサイクルの間に解決されました。 これらの変更は、Drupal 6 の主要なユーザビリティの改良、セキュリティとメンテナンス性の向上、より親切なインストーラ、開発フレームワークの拡張など、随所にはっきりと表れています。

›› Drupal 6.0 日本語翻訳のリリース時期について
投稿者: webmaster 投稿日時: 2008-02-12 (火) 01:55   | |

問題がなければ本日中にも Drupal 6.0 正式版がリリースされると思います。

›› Drupal 6.0 RC 3 がリリース
投稿者: webmaster 投稿日時: 2008-01-31 (木) 17:56   | |

本日、次期バージョン Drupal 6.0 RC3 がリリースされました。
特に大きな問題が起こらない限り、来週内に正式版がリリースとなる予定です。
02/08 追記:予定どおりにクリティカルなバグが消えてくれないようで、

›› 5.x 用 公式日本語リソースキット第9版を公開
投稿者: webmaster 投稿日時: 2008-01-29 (火) 19:36   | |

Drupal 5.7 のリリースに伴い、変更点に対応した「5.x 用公式日本語リソースキット第9版」を公開しました。
ごく少数の翻訳文字列が追加されていますが、日本語リソースキット第8版をすでに適用されている場合は、改めて適用するほどのものではありません。 任意で適用してください。

›› いくつかのバグを修正した Drupal 5.7 がリリース
投稿者: webmaster 投稿日時: 2008-01-29 (火) 18:33   | |

本日、いくつかのバグを修正した Drupal 5.7 が公開されました。
これ以前のバージョンを使用しているユーザはアップグレードすることをお勧めいたします。

›› 5.x 用 公式日本語リソースキット第8版を公開
投稿者: webmaster 投稿日時: 2008-01-11 (金) 17:08   | |

Drupal 5.6 のリリースに伴い、変更点に対応した「5.x 用公式日本語リソースキット第8版」を公開しました。
翻訳文字列がいくつか変更されていますので、5.6 へアップグレードした方も更新をお勧めします。

›› 脆弱性を修正した Drupal 5.6 / 4.7.11 がリリース
投稿者: webmaster 投稿日時: 2008-01-11 (金) 15:18   | |

本日、セキュリティ上の脆弱性と、いくつかのバグを修正した Drupal 5.6 / 4.7.11 が公開されました。
脆弱性(中程度が1つ、やや低いが2つ)が存在するため、これ以前のバージョンを使用しているユーザは早急にアップグレードすることをお勧めいたします。

コンテンツの配信