Drupal 4.6.5 / 4.5.7 がリリース

投稿者: webmaster 投稿日時: 2005-12-13 (火) 02:47   | |

Drupal 4.6.5 と 4.5.7 がリリースされ、ダウンロードできるようになっています。これらはセキュリティリリースではなく、バグトラッキングシステムを使って報告された問題を修正した、通常のメンテナンスリリースです。今回リリースされたバージョンには、新機能はありません。
※ このリリースの直前にセキュリティ上の脆弱性を修正した 4.6.4 / 4.5.6 がリリースされています。4.6.3 / 4.5.5 またはそれ以前のバージョンをお使いの場合は、4.6.5 / 4.5.7 へのアップグレードを強く推奨します。

Drupal 4.6.x リリースに関する詳細は、Drupal 4.6.0 release announcementDrupal 4.6.1 release announcementDrupal 4.6.2 release announcementDrupal 4.6.3 release announcementDrupal 4.6.4 release announcementを参照してください。
ダウンロード
新しいリリースバージョンは、以下の URL からダウンロードできます。

Drupal 4.6.5
修正されたバグ
Drupal 4.6.4 から修正された最も重要なバグは以下のとおりです。

  • パッチ #29133, #39566, #39670: URLフィルタリングによってテーブルの並べ替えとページ付けが壊される問題を修正
  • パッチ #22200: アグリゲータでコンテンツを2回フィルタリングしていた問題の修正
  • パッチ #38889: 多数のデータベース接続によって引き起こされる問題の修正

安定版 DRUPAL-4-6 ブランチの完全なバグ修正リストは、http://drupal.org/cvs/drupal/?branch=DRUPAL-4-6 で入手することができます。
アップグレード
すでに設置済みのものを最も円滑に移行するために、最初に Drupal 4.6.4 にアップグレードすることを推奨します。 もし Drupal 4.5.x や、それ以前のものからアップグレードするなら、Drupal 4.6.0 release announcementの詳細を参照してください。Drupal 4.6.4 からアップグレードする場合は、Drupal 4.6.5 パッケージから"sites/default/settings.php"と".htaccess"を除く、全ファイルとディレクトリをwebサーバにアップロードして、古いものと置き換えてください。どんなアップグレードにも言えることですが、最初にサイトとデータベースのバックアップを取っておく事が得策です。
Drupal 4.6.4 以降にAPIやデータベースの変更はありませんので、提供された 4.6.4 で動作するモジュールやテーマは、すべて 4.6.5 でも動作します。
バグの報告
Drupal 4.6 ブランチはまだ保守されていますので、 十分にバグの修正(単にバグの報告だけでなく)された、さらなるメンテナンスリリースが入手可能になるでしょう。