システム 【 System 】

システムモジュールは、特定の時間に作業を実行したり、ウェブページの表示効率を向上させるためにページをキャッシュしておくなど、サイト全般の状態設定や、それに基づくさまざまな機能を提供します。 定期的に作業を実行する機能は、管理者の手によって作業を開始する必要がないため、サイト管理をより便利にします。 ページのキャッシュは、ウェブページを効率的に再利用してサイトのパフォーマンスを向上させます。 その他にも、操作上の設定やサイト上のさまざまな視覚的な要素を含んだ挙動など、各種の環境設定のコントロールを提供します。

いくつかのモジュールには、定期的なログの削除や他サイトへのデータ送信など、定期動作が必要になる機能があります。 Drupal ではこれらの定期動作が必要な機能を、cron.php を通じて一括実行するように設計されています。
UNIX系のOSに装備されている cron(※1)は、分単位で指定された間隔ごとにコマンドを実行する周期的なコマンドのスケジューラで、毎日・毎週・毎月(または分単位で測定できる期間であればいつでも)の作業の実行をコントロールするために使用できます。 アグリゲータモジュールは cron を使い周期的にフィードを更新します。 Ping はサイトでの新しいコンテンツを、周期的に Ping サーバに通知します。 検索は周期的にサイト上のコンテンツの索引付けを行います。 作業処理を自動化することはサイトを円滑に稼働させ続ける最良の方法の一つであり、管理の大部分が管理者の直接的な関与を必要としない場合、cron は理想的な解決策です。 必要であれば、cron は手作業によっても実行することができます。
(※1) cron の命名の由来については、クロノグラフ(chronograph)、ギリシャ神話のクロノス(Cronos)、「Command Run On」の略など諸説あります。

Drupal には、動的に生成されたウェブページをデータベースに保存しておき再利用する、キャッシュ機構があります。 毎回、誰かがページ表示を要求するたびにシステムモジュールが生成するのではなく、そのページをあらかじめキャッシュしておくことで表示のためのデータベースへの問い合わせを一度だけすれば済むようになり、サーバの応答時間と負荷を軽減します。 キャッシュが行われるのは未ログインのユーザが要求したページだけです。 システムモジュールは、サーバ負荷の軽減と帯域幅(バンドワイズ)の節約のために、キャッシュされたページを圧縮して保存しておき、表示の要求に対してそれを送ります。