Drupal 5.0 正式版がリリース

投稿者: webmaster 投稿日時: 2007-01-15 (月) 23:20   | |
Drupal の 6 回目の誕生日である本日、待望の Drupal 5.0 正式版が公開されました。
対応する公式日本語翻訳ファイルは、最終調整をし、近日中に公開しますので焦らずにお待ちください。

なお、5.0 からはウェブベースのインストーラーが付属し、インストールの内容や処理を「プロフィール」と呼ばれるもので定義できるようになりました。 これに伴い、公式以外のプロフィールを用いたパッケージの配布やプロフィールのみの配布といったものがサードパーティから行われることもあるかと思いますが、それらを使用した場合のサポート様々な質問等は当然ながら当サイトでは一切お受けできません。 その点に注意し、それらを使用した際のサポート様々な質問等は配布元サイトにお願いします。

以下は Dries 氏のアナウンスです。

8ヶ月の開発期間を経て、私たちは世界に向けて Drupal 5.0 をリリースする準備が整いました。 さらに、本日は Drupal の第6回目の誕生日であり、これ以上絶好のタイミングはありません。 2002 年にリリースされた Drupal 4.0 から、ついにメジャーバージョンを 5.0 に上げることに、私たちは自信たっぷりです。

Drupal で稼働するサイトは、 Tim Berners-Lee のような個人のブログをはじめ、 TWIT.tv のようなポッドキャストサイト、 SpreadFireFox.com のようなコミュニティ主導のサイト、 Terminus 1525 のようなアーティストのコミュニティ、 TheOnion.com のような大きなメディアサイト、さらには MTV NASA のサイトにさえ及んで、ウェブ中に広がっています。

Drupal 5.0 のリリースにあたり、1173 のパッチが 492 人を超える貢献者よりあり、これは私たちの持つ前回の Drupal 4.7 での記録より 150 人以上多いものです。 これらの新たな貢献は、主要なユーザビリティの改善や、新しいDrupalコアのテーマ、ウェブベースのインストーラ、また、より大きな柔軟性とパワーをテーマ作成者と拡張モジュールなどの開発者に提供する、Drupal開発フレームワークの拡張に見られます。

ダウンロード

http://ftp.osuosl.org/pub/drupal/files/projects/drupal-5.0.tar.gz

新機能や改良点

Drupal 5.0 のリリースでは、目に見える箇所、あるいは見えない箇所に多くの改良点を含んでいます。 "What's new" や "Installing"、"Upgrading" を含む videocasts about Drupal 5.0 をチェックしてみてください。

大きな変更点の一覧:

ユーザビリティの改善

  • 管理ページ: 管理ページを完全に再編成しました。 それは今、説明の表示・非表示を切り替えられる「タスク別」表示と、設定オプションへのリンクを備えた「モジュール別」表示を備えています。
  • 設定ページ: 設定ページは小分けにされ、必要なオプションを探しやすくなりました。
  • テーブル: コンテンツ、ユーザ、コメントの各リストは、気の利いた「全てを選択」できるチェックボックスと、'SHIFT' キーによる範囲選択ができるようになりました。
  • 先頭文字の大文字使用と表示の体裁: Drupal 中のラベルとテキストのフォーマットは、適切かつ一貫するように注意が払われました。

新機能の追加

  • 状況ページと要件の照合: PHP/MySQL/Drupal の各情報表示と要件の照合ができる「現状報告」ページが追加されました。
  • ウェブベースのインストーラ: 稼働に必要な要件の照合やデータベーステーブルのプレフィクスをより良くサポートし、事前に作られたインストールプロファイルやディストリビューションをサポートする、各国語に翻訳可能なウェブベースのインストーラーが追加されました。
  • コアテーマ: Garland(ガーランド)(固定幅版の Minnelli(ミネリ))と呼ばれる新しいデフォルトのコアテーマを導入しました。 Garland は、新しく追加されたカラーモジュールを使用して、ウェブ上でテーマ全体の配色を自在に変更できます。
  • カスタムコンテンツタイプ: コアにコンテンツコンストラクションキット(CCK)の一部が組み込まれ、気ままに任意のタイプを作成することができるようになりました。 より多くのフィールドを追加したい場合は、CCK package のフルバージョンをインストールしてください。
  • URL フィルタ: ウェブアドレスやメールアドレスを自動的にハイパーリンクに変換する「URL フィルタモジュール」をフィルタモジュールへ統合しました。
  • ユーザグループごとのブロック表示: ブロックの表示設定を拡張して「ユーザグループ固有の表示設定」を新設しました。 今までのように PHP コードによるコントロールも可能です。
  • ブロックタイトルの編集: 全てのブロックのタイトル(空にすべきものでさえ)のカスタマイズや上書きができるようになりました。
  • ユーザ管理の改善: ユーザプロフィールに自動補完フォームのサポートを加えました。 ユーザの役割(権限や状態)によるフィルタ機能が付き、より良いユーザ管理の助けとなります。 ユーザ登録のメール確認を任意にしました。
  • モジュール管理の改善: モジュールはカテゴリと基点によってリストされ、バージョンの表示、モジュールの説明内で依存関係(必須・任意)がリストされます。
  • より多くの報告を記録: サイトの改善に役立つ「ページが見つかりません」や「アクセスは拒否されました」エラー、検索語の詳細報告が提供されます。
  • CSS プリプロセッサ: 全てのキャッシュ可能なスタイルシートは圧縮された1つのファイルに集められ、特に初めての訪問者に対してサイトの読み込みを速くします。
  • パフォーマンスの調整: Drupal のセッションやアクセスメカニズムのような主要部品が、サイト全域にわたるページ読込の高速化のために最適化されました。

開発者向け

  • JavaScript ライブラリjQuery JavaScript library が Drupal 5 に組み込まれ、コア上に存在した全ての JavaScript はそれを使用するように変換されました。
  • 再編成されたディレクトリ構造: モジュールは現在、それぞれに自身のディレクトリを持ち、さらに、モジュールごとに CSS のようなリソースを分割するようにされました。 さらに、ユーザが拡張モジュールやテーマを置くための「sites/all」ディレクトリが設けられました。
  • モジュールのアンインストール: モジュールがアンインストールされると、データベーステーブルをクリーンアップできるように通知されるようになりました。
  • プラグイン可能なキャッシュのバックエンド: Drupal 5 では、代替のキャッシュのバックエンドをプラグインできるようになりました。 これによりデフォルトのデータベースキャッシングの代わりに、ファイルキャッシュや memcached、あるいは別のキャッシュ方策を使用できるようになります。
  • プラグイン可能なセッション処理: Drupal 5 では、代替のセッション処理がプラグインできるようになりました。 これによりデフォルトのデータベースキャッシングの代わりに、memcached ベースのセッション処理を使用できるようになります。
  • PHPTemplate の改善: 一連の提案されたテンプレートを探せるようになりました。 Drupal 5 は、様々なページでのデフォルトの概観を置き換えられる広範囲なテンプレートファイルを自動的に発見します。
  • ノードアクセスアービター: ノードアクセスモジュールが互いにうまく機能することを容易にしました。
  • ノードのレンダリング: ノードのレンダリングを構造化された配列で動作するように変更しました。
  • フォーム API: プログラムによるフォームの送信を可能にし、マルチステップのフォームのために API を改善しました。

メンテナンスリリース

Drupal 5 ブランチは、Dries と Steven の助けを借りて Neil Drumm によってメンテナンスされ、最初のメンテナンスリリースは 5.1 となるでしょう。 Drupal 4.6 ブランチは、もはやメンテナンスされないことに注意し、Drupal 4.7 か 5 へ切り替えることを強くお勧めします。

インストールとアップグレード

Drupal のインストールやアップグレードは、installation documentation や、update.php スクリプトの実行による指示を参考にしてください。

サポートは、support pageinstallation problems forumupgrade problems forum での他の人々の経験を参考にしてください。

Drupal 4.7 からのアップグレード

  • もっとも問題なく移行するために、はじめに 既存の設置済みサイトを Drupal 4.7 へアップグレードすることをお勧めします。
  • 同じ理由から、アップグレード処理の前にサードパーティ製の拡張モジュールやテーマを無効化し、その後それらをアップグレードすることをお勧めします。 ただし、必ずしも全てのサードパーティ製の拡張モジュールやテーマが、Drupal 5.0 で動作するようにアップデートされているわけではないことに注意してください。
  • Drupal のディレクトリ構造に変更があったため、インストール済みのディレクトリに Drupal 5.0 を展開しないことをお勧めします。 代わりに新たなコピーから始め、そこへ拡張モジュールやテーマ、設定ファイルをコピーしてください。

詳細なガイドは、videocast about upgrading to Drupal 5.0をチェックしてみてください。

Drupal 5.0 RC 版からのアップグレード

  • 新しいソースで上書きし、アップグレードスクリプトを実行してください。