5.x から 6.x へのアップグレード

以下では、Drupal 5.x から Drupal 6.x へのアップグレード手順を説明しています。
すでに 5.x をインストールされている方が対象となりますので、画像による詳細な説明は省いていますが、ご了承ください。
なお、以下の順番については、全体的な流れさえ間違えなければ、多少前後しても問題ない箇所もあります。

  1. はじめに、アップグレードに必要なファイルを用意します。

    • Drupal 日本語ディストリビューションのみ、あるいは Drupal コアパッケージ公式日本語リソースキットの、それぞれ最新のアーカイブファイルをダウンロードします。
      Drupal 日本語ディストリビューションは、Drupal コアパッケージと日本語リソースキットが同梱され、より簡単にアップグレードができるのでお勧めです。
    • 同様に、現在利用している拡張モジュールやテーマの Drupal 6.x に対応したものがリリースされているかどうかを確認し、ある場合はそれらもダウンロードしておくとよいでしょう。
  2. アップグレード前に、サイトの全ファイルとデータベースのバックアップを取ります。
    これは必須ではありませんが、いわゆる「転ばぬ先の杖」ですので面倒がらずにやっておくことをお勧めします。

  3. 同様に、以下のファイルやディレクトをバックアップします。
    こちらは必須ですので、必ず実行してください。

    • sites ディレクトリ以下のすべて
    • files ディレクトリ以下のすべて
    • 独自に変更を加えている場合は .htaccessrobots.txt
    • その他、独自に作成したディレクトリやファイル
  4. 管理者としてログインし、

    管理セクション >> サイトの環境設定 >> サイトのメンテナンス (admin/settings/site-maintenance)
    

    で「サイトの状態」をオフラインに設定します。

  5. コアに含まれない全ての拡張モジュールを

    管理セクション >> サイトの構築 >> モジュール (admin/build/modules)
    

    で無効化します。
    Update status モジュールを利用していた場合は、無効化だけでなく、アンインストールも行うことが推奨されています。

  6. デフォルトテーマを

    管理セクション >> サイトの構築 >> テーマ (admin/build/themes)
    

    で「bluemarine」に変更します。
    また、コアに含まれないすべてのテーマを無効化します。

  7. Drupal 5.x の全てのディレクトリとファイルを削除します。

  8. Drupal 6.x のアーカイブを展開するか、ローカルに事前に展開したものをアップロードします。
    このとき、scripts ディレクトリや、install.php不要な *.txt ファイルは削除しても構いません。

  9. 同様に「公式日本語リソースキットパッケージ」を、Drupal のルートディレクトリに上書きで展開するか、ローカルで事前に展開したものを階層構造を保ったまま、Drupal のルートディレクトリにアップロードします。
    このとき、update.php は日本語版で上書きされます。
    profiles ディレクトリはインストール時にのみ必要なので、削除しても構いません。

  10. 事前にバックアップを取った sitesfiles ディレクトリを書き戻します。
    また、.htaccessrobots.txt などがある場合は同様に書き戻します。
    なお、.htaccess は若干の修正が行われていますので、後ほど Drupal 6.x に付属しているものとマージするとよいでしょう。

  11. update.php を実行します。

  12. Drupal 6.x に対応した拡張モジュールやテーマをインストールします。

  13. 拡張モジュールをインストールした場合は、再度 update.php を実行します。

  14. 日本語翻訳文字列をインポートします。
    インポートには以下のいくつかの方法がありますので、好みの方法で行ってください。

    1. 方法その1

      Administer >> Site configuration >> Languages (admin/settings/language)
      

      Japanese を一旦削除してから、

      Administer >> Site configuration >> Languages >> Add language (admin/settings/language/add)
      

      Japanese(日本語) を再度追加する。

    2. 方法その2
      Localization client モジュールをインストールし、

      Administer >> Site building >> Translate interface >> Import >> Reimport package (admin/build/translate/import)
      

      Japanese を再インポートする。

    3. 方法その3
      手作業でインポートする。(お勧めしませんので説明は割愛します)

  15. 拡張モジュールや、デフォルトテーマの設定を行います。

  16. 「サイトの状態」を

    管理セクション >> サイトの環境設定 >> サイトメンテナンス (admin/settings/site-maintenance)
    

    で、オンラインに設定します。

以上でアップグレードは完了です。
おつかれさまでした。