Tips & Hacks

›› cron タスクの設定 【 webcron の利用】


2008/10/09 追記
同種のサービスを用いたコンテンツを作成中です。
今後はこちらをご覧ください
2008/10/03 追記
以下で説明している Webcron サービスは、2008/10/01 をもって有償サービスとなり、サイト及びユーザインターフェイスも大幅に変更されました。 そのため、以下の説明はもはや無効となっており、近日中に削除を予定しています。

Drupal icon

はじめに

cron タスクの設定では、サーバの cron を利用した cron タスクの設定方法について説明しました。
しかしながら、多くのユーザが利用するであろう国内のホスティングサービスでは、cron を提供するプロバイダがあまり多くないのが現状のようです。(海外のホスティングサービスでは、比較的多くのプロバイダが提供しています)

›› PHP がセーフモードで動作するサーバで起こり得る問題への対応

概要

Drupal の一部のモジュールには、PHP のファイルシステム関数である mkdir()copy() などを使用し、ディレクトリの自動作成やファイルのコピーなどを行うものがあります。 例えば、Drupal 5 のデフォルトテーマである「Garland」で、ウェブ上から配色を変更するために使用される「color モジュール」がこれに該当します。

›› XREA - サーバ別 Tips/Hacks/HowTo

無料・有料ホスティングサービス XREA で運営する際の情報です。
当該サーバを利用しているユーザからの情報へもリンクしてゆきます。

›› 「承認不要のコメント投稿」権限をコンテンツタイプごとに細分化する

コメントの投稿には、投稿を許可する権限と、投稿されたコメントを管理者の承認無しで公開する権限の2つがあり、それぞれユーザグループごとに与えることができます。
これらの権限のうち後者は、「承認不要のコメント投稿」として「アクセスコントロール」のページで指定することができますが、これを指定した場合、すべてのコメント投稿に対して同権限を与えることになります。

›› cron (crontab) が使えない場合の裏技

Drupal でサイトを運営する上で、いくつかの機能には定期的な cron.php の実行が必要となるものがあります。 例えば、検索用の索引付けやログの定期削除、コンテンツの更新を他サイトに知らせるための ping 送信、あるいはアグリゲータなどです。

›› コンテンツへの画像の挿入方法
›› 初めてのコンテンツ作成

インストールが完了し、基本的な設定が完了したら、いよいよ初めてのコンテンツ作成です。

Drupal では、さまざまな種類のコンテンツタイプが用意されていますが、ここではユーザ別に書くことのできる 《 ブログ 》 を例に説明します。

›› SSL通信への対応

Drupal で SSL を利用する場合は、コードに若干の変更を加えることが必要となります。
以下に、一般のサーバと、外部SSLサーバを経由する XREA での変更方法を提示します。

›› 「最近のコメント」ブロックに本文の一部をタイトル代わりに表示する

Drupalに標準で装備されている「最近のコメント」を表示するブロックでは、コメントにタイトルが付いていない場合にリンクが作成されない(正確にはアンカータグで囲まれる文字が空なのでクリックができない)不具合があります。
この問題を解消するために、こちらに修正方法を掲示してありますが、そこに書かれている方法の場合、最初からコメントにタイトルを付けない設定にしてあると、当然ながら "no subject" が延々と続くことになります。
これに対して juangotoh さんが、フォーラムに良い対応策を投稿してくださいました。
以下は、そのアイディアを基に若干の変更を加えたものです。
なお、変更には mbstring の関数を含んでいますので、PHP で mbstring が有効である必要があります。(国内のサーバでは、ほとんどの場合は有効になっています。)

コンテンツの配信